魅せる

 ●撮影技術、写真加工

 ●CAD・グラフィックの活用 等

納得させる

 ●データ分析

 ●売るための鑑定/ER等レポート

需要者の特定

 ●帝国データ、東京商工リサーチ、日経不動産など

 ●全国協力不動産会社の顧客管理データ

マーケットリサーチ

 ●全国の取引事例データ

 ●賃貸事例データ

 高く売るためには適確な売却方法を選択する必要があり、適確な買手にいち早く情報が到達するように膨大なデータを活用することが重要です。時には入札形式を採用したり、広告宣伝の情報公開に力を入れるなど、案件毎に最も有効な手法を採用し、また複数の方法を同時に実行していきます。

 数万件の顧客データ、全国組織の不動産情報ネットワーク、鑑定士データベース、帝国データバンク・東京商工リサーチなどの膨大なデータを依頼者のためにフル活用します。

 不動産売却には常に大きな税負担が伴います。そのため期待値に比して高い価格で売却するか、節税効果の大きなスキームを採用する必要があります。また売却するタイミングによって大きな税負担が生じて手取りが小さくなってしまう例もありますので、スキーム完成まで時間をかけてから売却を実行することが有効な場合もあります。

高値を追求すると同時に税引後の手取りを最大化

戦略3
s2
s1
戦略2
戦略1
s3

徹底した節税のノウハウ、アイディアがここにあります。

​潜在的価値を最大限に発揮し、真の価値を実現する

 不動産売却に伴う譲渡益課税、相続税などにつき、最小化するノウハウが当社団にはあります。

​ 当社は「不動産売却」を依頼された場合でも、資産管理会社のM&Aホールディングカンパニーを採用した相続税の軽減、海外移転など依頼者の手取りを確認し、最終的な手取金額の比較表とともにご説明します。

 ご依頼案件について、様々な角度から調査分析を行って、潜在的な価値を発見して、真の不動産価格を見出します。

 潜在価値の発見に対しては、当研究所内において、リノベーションやコンバージョン、賃貸条件交渉、隣地買収、再開発などの様々なシュミレーションを繰り返し実施し、最も高い価値が実現できる方策を練っていきます。

 また必要に応じて建物調査、地歴や土壌調査などを実施し、不動産に内在するリスクを事前に取り除いたり、リスクを限定することで、買主の安心感を高め、価格を高くする効果を狙っていきます。

全ては目標達成のために

 外資系ファンドが高値で売るために採用している手法を、当社は主として採用して、大きな成果を上げたことで、ご依頼者の方々から高い評価を得ております。

 当社の特徴は、過去の売買データからみえる市場動向や顧客属性の分析から、ターゲットの絞り込みが出来る点で優位性があり、加えて買手を説得するプレゼンテーション、魅せる加工写真やCADイメージによって、顧客の需要を強く喚起する効果があります。

 
 

オープンマーケティング

①協力1,000社以上へ一斉情報開示(最大1万社)

②ネット中心に広告宣伝

③情報ツールをフル活用したオープンな戦略

④期間目安 2~3ヶ月

●ヘッジファンド式●

①外資系投資会社で培った最高値を実現するテーラーメイドな戦略

②個々の不動産の特性を最大限活かした売却

③期間目安 6ヶ月 (うち準備期間 2~3ヶ月)

クローズド入札

①限定的な情報開示を複数繰り返す

(情報の希少性を維持して的確な買手に到達)

②最も高値実現可能な買手候補を選定

③期間目安 3~6ヶ月

×

 

 インターネット広告の充実により、写真やCADによる『魅せる』技術によって反響に大きな差が生じます。

 またデータ分析に基づく当社調査レポートは買主を決断させる強い力をもっています。

© 2014  Asset Strategy Research Institute

m15

詳細を入力してください